すべてのサービス

情報基盤センターの各種サービスは、手続きを経て利用することができます。

資格や利用条件等については、規程をご覧ください。

認証基盤システム

menu01福岡大学認証基盤システム(認証基盤システム)は、1つのアカウントで複数の情報システムへのログインを可能にするシステムです。

ウイルス対策ソフト

ウイルス対策ソフトコンピュータウィルス等の被害にあわないようウイルス対策ソフトを無償で利用できる環境を提供しています。

 

メール(@cis)

メール(@cis)インターネットができる環境があれば、どこからでも受信したメールの閲覧や新規メッセージの作成・送信などを行うことができます。

情報処理システム

情報処理システムセンターが提供するシステム(電子メール(@cis)、PC教室およびオープン端末室のパソコン・プリンタ、WWWサーバ、汎用UNIXサーバ、アプリケーション配信システム等)の利用ができます。

PC教室およびオープン端末室の利用

PC教室およびオープン端末室の利用学内には情報処理教育の実習を行うためのPC教室と学生が自学自習の際に利用できるオープン端末室があります。

PC教室の講義などの利用

PC教室の講義などの利用講義やゼミ等でセンター施設のPC教室を利用する場合は、事前に届出が必要です。

プリンタシステムの利用

プリンタシステムの利用センター施設(PC教室およびオープン端末室)設置のプリンタの利用方法を説明します。

プリンタポイントの追加

プリンタポイントの追加プリンタの利用はポイント制です。年度毎に定められたポイント以上のプリンタの利用は有料になりますので、その場合は申込書の提出が必要です。

入出力システム

入出力システム文系センター棟オープン端末室には、一般のPC教室およびオープン端末室にない大判プリンタ(A0/B0)やメディア変換装置を用意しています。

ファイルの保存

ファイルの保存各利用者の個人領域は同一の大容量ファイルサーバに保管されるため、個人が使用できるファイル容量には制限が定められています。

ホームフォルダへのアクセス

ファイルサーバへのアクセス研究室設置のパソコンやDHCP情報コンセントに接続した持込みノートパソコンから、ファイルサーバ上の個人領域(ホームフォルダ)を利用することができます。

Linuxサーバ

Linuxサーバ各種コンパイラやアプリケーションが導入された高速なサーバで、教育目的として利用することができます。

e-Learningシステム(Moodle)

MoodleシステムWeb技術によるオンラインの授業支援システム(e-Learning)です。

ウェブサイトの公開

個人webページの公開情報処理システムの登録者に対して情報公開用のウェブサービスを提供しています。

Windows用アプリケーション配信システム

Windows用アプリケーション配信システム配信サーバに登録されたWindows用のアプリケーションをネットワークを介してストリーミング方式で利用できます。

サイトライセンス

サイトライセンス教育研究のため、4種類のソフトウェアのサイトライセンスを取得しています。

モニタリングシステム

モニタリングシステム各センター施設の利用状況をリアルタイムに把握すること、また利用者の安全確保および事故等の防止を目的として、室内用カメラを設置しています。

情報掲示システム

情報掲示システム「PCクライアント端末稼動状況提供システム」や「エコ見える化システム」にて提供される情報を表示します。

教職員メールシステム(@fukuoka-u)

教職員メールシステム(@fukuoka)職員専用の電子メール(Webメール)サービスです。

メーリングリストシステム

メーリングリストシステム一つのメールアドレスに送られたメールをあらかじめ登録しておいた複数のメールアドレスに配送されるシステムです。

DHCP情報コンセント

DHCP情報コンセント持込みのパソコンを学内LANに接続し、通信開始のためのユーザ認証を行うことで、情報ネットワークを利用した各種サービスを利用することができます。

無線LAN(Wi-Fi)接続サービス

無線LANサービスユーザ認証を行うことで、情報ネットワークを利用した各種サービスを利用することが可能になります。

ネットワーク認証・検疫システム

ネットワーク認証・検疫システム研究室等のパソコンから、Webブラウザを利用して学内ネットワークへアクセスしようとする際に、利用者の認証と接続機器の検疫が行われます。

機器接続申請(IPアドレス申請)

機器接続申請(IPアドレス申請)研究室等から学内LANに接続するために必要なIPアドレス等を取得する手続きです。

VPN接続サービス

menu26学外から学内LAN上のホストや情報源にアクセスするための、ブロードバンド環境を利用したリモートアクセス手段です。

九州大学高性能アプリケーションサーバ

九州大学高性能アプリケーションサーバ九州大学情報基盤センターが運用する高性能アプリケーションサーバで、教育・研究において効率的・効果的に活用できます。

センター購入雑誌一覧

センター購入雑誌一覧文系センター低層棟3階 情報基盤センター内「利用者支援室」にて、雑誌が自由に閲覧できます。

コンテンツフィルタサービス

コンテンツフィルタサービス学外のWebコンテンツへアクセスする際に、フィッシングサイトなどの有害サイトへのアクセスを遮断し、より安全なWebアクセス環境を提供するものです。

各種Proxyサービス

各種Proxyサービス直接インターネットに接続できない内部ネットワークのコンピュータに代わって「代理」としてインターネットとの接続を行うコンピュータのことです。

NTPサーバ

NTPサーバネットワーク上に設置された基準時刻サーバと通信を行い基準時刻を参照するNTP(Network Time Protocol)を利用して、個々のコンピュータの時刻を自動的に合わせることができます。

ドメイン利用

ドメイン利用学内ネットワークに接続された機器にホスト名を設定する場合は申請が必要です。

公認ホスティングサービス

公認ホスティング学部学科・研究科、研究室、事務部署等のウェブ公開を支援する本学公認の外部ホスティングサービスです。

要塞ホスト

要塞ホスト学部・学科および研究室等独自の組織で学外との直接通信を行うための機器申請です。

UPKIサーバ証明書発行サービス

UPKIサーバ認証発行サービス運営するWebサイト等の信頼性を証明するとともに、SSL暗号化通信による入力情報の暗号化で、よりセキュアな環境が実現可能となります。

情報処理施設障害連絡システム

情報処理施設障害連絡システム情報基盤センターの施設を利用してお気づきの機器のトラブルなどの連絡窓口です。

主要ホスト一覧

主要ホスト一覧主要ホストを掲載しています。

ゲストアカウントの申請

ゲストアカウントの申請学会や本学主催の講習会などで学外からの来校者で短期間ネットワークを一時的に利用する場合は、ゲストアカウントを発行します。

ディスク破壊機の利用

ディスク破壊機の利用情報漏洩防止策としてハードディスクやDVD、BD、CD、ビデオテープ等を物理的に破壊するディスク破壊機を導入しています。パソコンの廃棄時等にご活用ください。

教育コンテンツ相互利用システム

教育コンテンツ相互利用システム大学の教員等が掲載している授業教材、資料や授業事例レジュメを、インターネットを介して閲覧・利用できます。