2006年度(平成18年度) 総合情報処理センター利用状況報告

情報ネットワーク関連 情報処理システム関連 情報処理教育システム関連 セキュリティ関連 その他(情報化関連)


1.利用登録者数

2007/3/1時点でのセンター関連システムの利用登録者数を下表に示す 。

所属 情報処理システム 電子メール
サービス
学生 職員 職員
人文学部 2,094 121 116
法学部 3,161 21 16
経済学部 3,131 37 37
商学部 3,164 40 50
商学部二部 991 - -
理学部 1,092 89 108
工学部 2,999 115 180
医学部 626 101 217
福岡大学病院 - 142 189
福岡大学筑紫病院 - 60 49
薬学部 886 57 68
スポーツ科学部 1,140 51 50
大学院生 700 - -
法科大学院 135 1 6
その他  (注1)170 (注2)4 (注3)4
RIセンター - 0 2
アニマルセンター - 1 1
分子腫瘍学センター - 0 0
資源循環・環境制御
システム研究所
- 2 4
ヒューマンディベロップ
メントセンタ
- - 2
環境保全センター - - 2
環境科学技術研究所 - - 0
高機能物質研究所 - 1 1
看護学校 - - 1
学会 - - 77
利用登録者総数 20,289 843
(+93)
1,180
(-37)

注1:研究生、大学院研究生、大学院研究留学生、交換留学生、外国人留学生、外国人研究生、科目等履修生
注2:外国人研究員、研修員、研究推進部
注3:研究推進部、東京事務所


2.情報ネットワーク関連

  1. 学内ネットワークへの端末接続状況
     
       
     
  2. 学外接続ネットワークの稼動状況

    グラフ(A)、(B)、(C)は月間平均のトラフィック量(1日平均)を示したものである。
    学外接続回線(インターネット向け回線)は、2005年9月より帯域を増強し,SINET100Mbps+スーパーOCNイーサアクセス100Mbpsの計200Mbpsとなった。

    (A)SINET側接続(100Mbps) 2006/3 -> 2007/3

    緑:学外→学内 青:学外←学内

    (B)スーパーOCNイーサアクセス側接続(100Mbps) 2006/3 -> 2007/3

    緑:学外→学内 青:学外←学内

     
  3. 学内基幹ネットワークの稼動状況

    グラフ(あ)、(い)、(う)は学内の各セクションからの月間トラフィック量(1日平均)を示したものである。

    (あ)文系セクション 2006/3 -> 2007/3

    緑:文系セクション→その他 青:文系セクション←その他

    (い)理工系セクション 2006/3 -> 2007/3

    緑:理工系セクション→その他 青:理工系セクション←その他

    (う)医病系セクション 2006/3-> 2007/3

    緑:医病系セクション→その他 青:医病系セクション←その他


     
  4. リモートアクセス(PPP接続)の利用状況

    PPP接続サービスでは,家庭の電話やPHSなどの電話回線を経由して,大学内ネットワークへアクセスする手段を提供している.現在のサービス回線数は23回線である.

    (A)PPPアクセス回数(2006年4月〜2007年3月)


    (B)PPPの月別アクセス数,実利用者数,登録者数の推移(2006/4〜2007/3)
    利用者 2006年
    4月
    5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2007年
    1月
    2月 3月
    学部生 252 253 154 203 112 109 122 66 99 118 129 96
    大学院生 17 21 34 13 10 7 18 27 12 4 8 6
    職員 1,211 991 727 1,078 849 892 797 756 558 656 457 568
    総計 1,480 1,265 915 1,293 971 1,008 797 849 669 778 594 670
    実利用者数 31 35 35 36 29 29 29 27 29 26 27 24
    総登録者数 71 73 73 74 75 75 76 76 76 76 76 76

    コメント

    平成10年より始めた公衆電話回線を用いたPPPによるダイアルアップサービスも,平成12年のピークを境にブロードバンドの普及などにより年々利用者が減少してきた.ブロードバンドを利用するユーザは,SSL-VPNサービスへと移行したため,毎月の実利用者数は表(B)に見られるように30名程度であり,アクセスの大半が教職員であることから,主な用途は出張時などの遠方からのアクセスに用途が限定されてきているように思われる.

  5. リモートアクセス(SSL-VPN)の利用状況


    SSL-VPNサービスでは,家庭やインターネットカフェなどブロードバンドを利用して,インターネットを経由して大学内ネットワークへアクセスする手段を提供している.

    (A)SSL-VPNの月別アクセス数(2006年4月〜2007年3月)


    (B)SSL-VPNの月別実利用者数(2006年4月〜2007年3月)



    コメント 

    表(B)に見られるようにSSL-VPNの利用登録者数は年度内で増加する傾向にあるものの,表(A)のアクセス回数や表(Bの実利用者数は横ばい傾向である.このことより,SSL-VPNの利用者は日常的にアクセスするというよりは,出張時など必要な際にのみ学外から利用するという使われ方をしているものと推測される.
     
  6. DHCP情報コンセントの利用状況(2006/4〜2007/3)

    (A)DHCP情報コンセントのアクセス数の推移(2006/4〜2007/3)

    (B)DHCP情報コンセントの実利用者数の推移(2006/4〜2007/3)


    (C)DHCP情報コンセントの延べアクセス数の学部別内訳(2006/4〜2007/3)


    (D)DHCP情報コンセントの実利用者延べ数の学部別内訳(2006/4〜2007/3)


    コメント 

    表(A),(B)より,利用者の大半が学部生であり,講義の期間と利用回数の伸びが対応することから,講義でのDHCPの利用がなされているものと思われる.これに対し,大学院生や教職員の利用回数は,ほぼ毎月一定である.
    表(C),(D)より利用者の内訳を見ると,商学部と工学部の利用が,学部生の利用の大半を占めており,DHCP情報コンセントを活用するノートPCなどを持ち込む講義が,同学部では開講されているものと思われる.
     

3.情報処理システム関連

  1. 九州大学高速演算サーバの利用状況(2006/4-2007/3

    福岡大学では,従来学内において提供していた研究用の高速演算サーバを廃止する代わりに,九州大学が運用する大規模高速演算サーバの一部を包括契約し,本学の利用者に提供するサービスを行っている.

    総CPU稼働時間 118975時間 (全32CPUによる潜在稼動可能時間の45.9%)
    (昨年実績 45301時間 全32CPUによる潜在稼動可能時間の17%)

    (A)CPU稼働時間と稼働率の推移


    ジョブクラス別の実行数

    (B)ジョブクラス別の実行数の推移

     
    (C)ジョブクラス別のジョブ実行待ち時間数


    コメント 

    CPU稼働率は前年度を大きく上回り、約2.6倍となっている。利用者数は前年度よりほとんど変化がないことと、各ジョブの件数が
    下がっていることから、各利用者の1ジョブに対する計算量が大幅に上がったものと考えられる。

  2. ファイルシステムの利用状況

    2007年3月31日現在の各ユーザに割り当てているWindows&UNIX系ホームディレクトリのディスク使用容量をまとめた。
     

    所属別のディスク利用状況(2007/3/31現在)
    学部生(Max 200MB) 大学院生(Max 500MB) 教員(Max 1500MB)
    使用容量(MB) 人数 昨年度 使用容量(MB) 人数 昨年度 使用容量(MB) 人数 昨年度
    0〜1 4,999 11,510 0〜1 431 204 0〜10 473 455
    1〜2 2,435 2,829 1〜2 96 46 1〜2 31 28
    2〜5 3,378 2,677 2〜5 115 148 2〜5 40 44
    5〜10 2,400 2,029 5〜10 58 59 5〜10 46 44
    10〜15 1,262 759 10〜15 35 33 10〜20 44 49
    15〜200 5,190 2,031 15〜500 189 102 20〜50 67 47
    合計 19,664 21,835 合計 924 592 50〜100 48 29
        100〜1500 99 67
      合計 848 763
     
    平均使用量 19MB/人 7MB/人 平均使用量 19MB/人 15MB/人 平均使用量 56MB 33MB/人
    学部生総使用容量 373GB 150GB 大学院生総使用容量 16.7GB 8.6GB 教員総使用容量 46.2GB 25GB
     
    総使用容量 446,623MB(436GB)
    前年度 188,960MB(184GB)
    総使用可能容量(3.8TB)に占める割合 11.2%
    前年度 4.7%
    注:使用容量にはWindows,Linuxならびにメール受信領域を含む

    コメント 

    平均使用量が前年度比で学部生が2.7倍、大学院生が1.2倍、教育職員が1.7倍と上がっている。これはおそらくWeb履修登録システムの稼働などにより
    PC教室を利用することが増えたためと思われる。また、使用容量0〜1MBの学生は、学部生で25.4%であり、前年度の52.7%から見ても言えることであろう。

  3. WebMailサービス

    (A)WebMailへのログイン回数の月別推移(2006/4〜2007/3)


    (B)学部別のWebMailへのログイン回数(2006/4〜2007/3)


    (C)所属学部の利用者一人あたりに換算したWebMailへのログイン回数比較(2006/3〜2007/3)


    コメント 

    学部別のログイン回数を見てみると前年度と同じく工学部が飛び出ているが、その回数で比較すると、前年度から約4.7倍に急増している。他の学部においても同じく急増している。Webメールは学外からもWebブラウザがあれば利用が可能ため、その便利さや使い方が浸透してきたものと思われる。

     
  4. 情報公開システム

    www.cis.fukuoka-u.ac.jpのWebサーバを用いて学内ならびにインターネットに公開されたWebページの件数

    (A)Webページ公開申請の月別申請数(2006/4〜2007/3)


    (B)所属学部の利用者一人あたりに換算したWebページの公開比率の比較(2006/4〜2007/3)


    コメント 

    公開申請件数は前年度比1.9倍となっており、Web公開を行う利用者が増えていることが分かる。また、公開を学内までに限定している利用者は、学外まで公開している利用者の約3倍前後となっており、実験的にまたは用途的に学内のみの公開としている利用者が圧倒的に多いことも分かる。

4.情報処理教育システム関連

  1. 情報処理教育システム概要


     
  2. 各OSシステムの利用状況

    (A)OS別ログイン回数の月別表示(2006/4〜2007/03)

    (B)所属学部の利用者一人当たりに換算したログイン回数の比較(2006/4〜2007/03)


    コメント 

    OSへのログイン回数、利用時間ともに講義が行われた5、6、7月と10、11、12月にピークがあり、ログイン回数と利用時間の間には高い正の相関がある。各OSのログイン回数はWindowsが突出しており、汎用UnixサーバとLinuxは同程度となっている。また、工学部、理学部、商学部では講義にLinuxを利用しているため、これらの学部学生と教職員、大学院生が複数のOSを利用している。

  3. アプリケーション利用統計情報(2006/4〜2007/3)

    WindowsPC,Linux,汎用UNIXサーバならびにアプリケーション配信サーバにおける利用頻度の高いアプリケーションの上位を以下に示す.なお,利用回数は学生の利用による回数のみをカウントしており,教職員の利用による回数は除外している.

    (A)Windows利用アプリケーション上位1〜10位


    (B)Windows利用アプリケーション上位11〜20位


    (C)Windows利用アプリケーション上位21〜30位


    コメント 

    Windowsのアプリケーションでは、上位1〜10のアプリケーションに利用が集中している。特に上位7ソフト(InternetExplorer, MS-Word, MS-Excel、Acrobat Reader, Windows Media Player,MS-Power Point,Tera Pad)に利用が集中しており、順位も昨年と同じである。

    (D)Linux利用アプリケーション上位10位


    コメント 

    Linux のアプリケーションでは、上位1〜10の利用でほぼ100%となっている。特に上位4ソフト( Mozilla,Acrobat Reader, Emacs,Gnu C Compiler,Gnu C++ Compiler)に利用が集中しているが、これは、Linux上でプログラミングや情報処理の講義が行われているためであろう。Webブラウザの利用回数が突出していることはWindowsの場合と同じである。

    (E)汎用UNIXサーバ利用アプリケーション上位10位

    注:利用回数第1位は,94,517回のnkfであったが,グラフ化の際に除外した.

    コメント 

    汎用UNIXサーバのアプリケーションでは、上位6ソフトはemacs, gnu c compiler, xdvi,GhostScript,Xemacs,tgif,GNU C++ Compiler,Perlnaなどなっているが、xdvi、GhostScript、Tgif、dvips.などが多用されているところからTexによる文書作成の利用が多いものと思われる。また、コンパイラの利用が多いことからプログラム開発や演習にも利用されていることがうかがえる。

    (F)アプリケーションサーバ利用アプリケーション上位8位

     
    コメント 

    アプリケーションサーバのアプリケーションは基本的に研究室のパソコンから利用されるが、ランキング上位1と2のIllustrator(z) 、Photoshop(z)はライセンスの誓約により同時に起動できる数がそれぞれ5に制限されているにもかかわらず満遍なく各学部から利用されている様子がうかがえる。SPSSとSASの順位がそれぞれ3位、4位に上昇している。

     
  4. オンデマンドプリンタ印刷枚数集計(2006/4〜2007/3) 

    利用者(学生)には年間200ポイント(A4モノクロ200枚相当)の印刷が許可されています.

    (A)月別印刷枚数


    (B)月別の印刷利用者数


    (C)モノクロ・カラー/用紙サイズ毎の印刷枚数


    (D)印刷場所の比率


    コメント 

    月別の印刷利用者実数と印刷枚数は昨年度と同じく概ね比例しているが、印刷枚数、利用者実数は増加している。また、用紙別印刷枚数をみると、A4モノクロが他の種類の合計よりも約31倍使用されており、ほとんどがA4モノクロ印刷であることが分かる。建物別印刷枚数を見ると、昨年度と同様PCの数はA棟の方が文系センター棟より少ないにもかかわらず、A棟で打ち出される用紙の枚数は文系センター棟の2倍近くになっている。講義室などが近いことがその理由であると推測される。

  5. オンデマンドプリンタのポイント追加状況

    平成17年9月(2005/9)以降,新システムFUTURE3では,プリンタの利用をポインタ制と課金方式に移行した.各利用者は年度初めに所定のポイントが与えられるが,プリンタを利用すると枚数やカラー・モノクロなどに応じてポイントが減じられる.ポイントが0となると,以後印刷は行えず,継続して印刷を行う場合は必要な追加ポイント(枚数)に応じた証紙を購入することが必要となった.


    (A)消費ポイントと総印刷枚数(学生のみ) 2006/4〜2007/3
    消費ポイント数 人数 人数比 人数比累積 累積人数 印刷枚数 平均消費ポイント
    0 4,891 24% 24% 4,891
    24%
    0 学生一人当たり
    67.1ポイント

    (昨年度実績
    39.4ポイント
    注:7か月分)
    1-20 3,862 19% 43% 14,472
    71%
    1,363,217枚
    500枚ペーパ
    約2,730個分

    (昨年度実績
    860,169枚
    500枚ペーパ
    約1,720個分
    注:7ヶ月分)
    20-40 1,674 8% 51%
    40-60 1,357 7% 58%
    60-80 1,230 6% 64%
    80-100 1,120 6% 70%
    100-120 1,003 5% 75%
    120-140 934 5% 80%
    140-160 869 4% 84%
    160-180 935 5% 89%
    180-200 1,488 7% 96%
    201-
    ポイント追加者
    926 5% 100% 926
    5%
    20,289 - - 20,289

    (B)1〜200ポイントまでの利用者分布(学生のみ)


    以下,初期の200ポイントを消費し,ポイントを追加した学生数について表に示す.

    (C)ポイント追加者の学部別内訳

    注:学生のみのカウント.複数回追加者は1人としてカウント.

    (D)ポイント追加者のポイント数別内訳

    注:学生のみカウント.複数ポイント追加者は最終的な値で分類しています.

    (E)月別のポイント追加者数


    コメント 

    プリンタシステムは平成15年度は9月からの稼働であったため平成16年度と単純比較はできないが、ポイント追加者数は3.7倍、印刷枚数は1.6倍となっている。また、ポイント追加は年度末に近づくにつれて増えており、卒論など年度後半にかけて利用が活発になるつれポイント不足となっていると推測される。

  6. A0/B0プリンタの利用状況(2006/04〜2007/03)

    (A)A0/B0プリンタの実利用者数の内訳

    上記利用者は学生のみ.

    (B)A0/B0プリンタの利用サイズ内訳

    上記枚数は学生のみ.

    コメント 

    A0/B0プリンタの利用については、昨年度とほぼ変わらない利用人数であった。また、工学部の利用が多いもの特徴の一つである。

  7. 講義による情報処理関連施設の利用状況

    ★表(A)は平成18年度にセンター施設を利用して開講された情報処理関連科目数を学部別にまとめたものである。

    科目については、その内容により次の4カテゴリに分類しています。

    なお、科目数は半期科目を1としてカウントしています(通年科目は2としてカウント)。
    また、シラバス上では学部専門科目に含まれるものも講義内容により、情報基礎科目として取り扱っています。

    表(A)情報処理関連施設の学部別利用状況

      共通科目
    (注2)
    人文学部 法学部 経済学部 商学部 理学部 工学部 医学部 薬学部 スポーツ
    科学部
    商学部
    二部
    計(科目) (参考)
    H17年度計
    学部基礎 3 22 3 39 39 12 15 2 0 12 10 157 223
    学部専門 0 10 0 56 12 18 52 6 9 4 3 170 117
    大学院基礎 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0
    大学院専門 0 0 0 1 0 0 1 8 0 0 0 2 0
    3 33 3 97 51 30 68 4 9 16 13 総計331
    (注1)
    340
    (参考)H17年度計 6 70 3 82 53 31 52 4 9 18 12 340
    注1:集中講義、ゼミ等の一時利用は含んでいません。
    注2:基礎的情報学

    コメント 

    科目数で比較すると、通年で、学部基礎47%、学部専門54%の利用状況であり、前年に比べ、学部基礎は減少傾向、学部専門は増加傾向にある。学部別に見ると、経済学部、理学部、工学部、医学部、薬学部で学部専門教育での利用が学部基礎での利用を上回っており、高度な情報処理技術に関する科目が増加した様子がうかがえる。全科目数についてみると、H17年度に比較して3%の減少を示しているが、各学部での学部基礎教育の減少が影響しているようである。

    ★表(B)は、平成18年度の実習室の講義利用状況をまとめたものである。

    表(B)PC教室別稼働状況一覧

    施設名 利用科目数(前期) 利用科目数(後期) 教室稼動率 教室稼動率(昨年)
    文系センターPC教室A 17 15 32/50=64%  70%
    文系センターPC教室B 19 15 34/50=68%  76%
    文系センターPC教室C 15 15 30/50=60%  72%
    文系センターPC教室D 14 15 29/50=58%  52%
    文系センターPC教室E 5 9 14/50=28%  4%
    文系センターPC教室F 16 12 28/50=56%  60%
    文系センターPC教室G 12 15 27/50=54%  52%
    A棟PC教室A 8 17 25/74=34%  36%
    A棟PC教室B 16 11 27/74=36%  32%
    A棟PC教室C 4 9 13/74=18%  11%
    A棟PC教室D 0 0 0% 36%(前期のみ)
    1号館PC教室 7 4 11/25=44% 28%
    ゼミ棟PC教室 4 9 13/74=18% 16%
    11号館PC教室 20 14 34/60=57% 50%
    16号館PC教室 9 3 12/50=24% 16%
    医学情報PC教室 15 9 24/50=48% 28%
    7号館CALL・PC教室(732) 15 17 32/50=64% 72%
    7号館CALL・PC教室(742) 19 18 37/50=74% 72%
    合計 215 207 平均稼働率 45% 平均稼働率 43%

    注3:エクステンションセンターの開講講座は含んでいません.

    開講科目数は、半期利用科目を1とカウントしている。
    教室稼働率は以下の開講可能科目数で利用科目数を割ったものである。
    昼間 5時限×5曜日×2(前・後期)=50科目
    二部 2時限×6曜日×2(前・後期)=24科目
    なお、A棟PC教室A、B、Cのみは昼間と二部の利用があるため74科目となる。11号館PC教室も6時限目まで利用があるため30科目となる。

    コメント 

    平均稼働率は平成17年度が43%、平成18年度が45%であり、徐々に平均稼働率が上昇している。



5.セキュリティ関連

  1. 学外用IPS

    2005年9月よりインターネットからアクセス可能な学内ホストの防御するためにIPSの運用を開始した.

    (A)インターネットから学内ホストに向けた不正なアクセスの検出数(2006/4〜2007/03)


    コメント 

    表(A)は学外からの不正な通信をブロックする学外用IPSによる検出数を示したものだが,昨年度の検収数と比較すると約2倍に増加しており,インターネットからの不正なアクセスの危険性が日夜増加していることが読み取れる.

  2. 学内用IPS

    学内用IPSは学内LANの要所要所に設置した不正アクセスの防御装置であり,不正なアクセスと思われるPCからの通信を検知して遮断することで学内におけるワーム型ウィルス等の爆発的感染の拡大を防止する.

    (A)学内IPSにおけるクライアント隔離件数一覧(2006/4〜2007/3)


    (B)IPSの対象ネットワーク範囲
    IPS     対象ネットワーク
    文系1 文系センター棟1F、4F〜10F
    文系2 文系センター棟11F〜14F
    文系3 ゼミ棟、図書館、A棟、1号館、7号館、8号館、10号館、第一記念会堂、理学部別館
    理工系1 3号館第一別館、3号館第二別館、3号館第三別館、4号館、5号館、5号館別館、コンクリート実験室、
    水理衛生工学実験室、水理土木研修館、高電圧実験室、環境科学技術研究所
    理工系2 6号館、9号館、理学部RIセンター
    理工系3 生物飼育室、9号館別館、11号館、14号館
    理工系4 法科大学院、16号館、9号館の自主管理ネットワーク
    医病院系1 医学部研究棟本館
    医病院系2 医学部研究棟別館、看護学科棟
    医病院系3 第二記念会堂、スポーツ科学部研究棟、医学情報センター、看護専門学校、分子腫瘍学センター、アニマルセンター、医学部RIセンター
    関連施設 筑紫病院、国際交流会館、セミナーハウス、自修寮、SSL-VPN利用者、PPP接続利用者


    コメント 

    表(A)から隔離された内訳を見ると、情報漏えいなどの元凶となっており本学では禁止となっているP2P(Peer-to-Peer)アプリケーションを利用しようとしているユーザが全学的にいることが読み取れる.同様に件数の多いのが,ワーム型ウィルスの検出である.PCの台数の多い理工系ならびに医学部病院系で多数検出されており,これらの部署のPCのウィルス対策が十分でないものと思われる.

6.その他

  1. ヘルプデスク関連

    2006/4〜2007/3までのヘルプデスク(アシスタントスタッフ)による利用者相談対応件数 7,093件

    (A)ヘルプデスク(アシスタントスタッフ含む)への問い合わせ件数の月別推移


    (B)問い合わせ方法の内訳


    (C)相談場所の内訳


    (D)問い合わせ内容の内訳


    (E)問合せの解決部署の内訳


    コメント 

    問い合わせ内容の内訳を見ると、利用件数の多い順に、(1位)統合認証アカウント43%、(2位)プリンタポイント追加24%、 (3位)プリンタ6%、(4位)Word13%、(5)Windows3%、 (6位)A0/B0カラープリンタ3%、(7位) その他3%、(8位)メール@cis 2%,(9位)教室利用問い合わせ2%、(10位)DHCP接続2%となっている。これらの問い合わせに対する回答はパターン化されており、一次相談窓口で対応可能と思われる。問い合わせの解決部署の内訳を見ると解決件数の多い順に、(1位)アシスタントスタッフ74%、(2位)ヘルプデスク22%(3位)常駐業者2%、(4位)センター1%となっており、質問総数の96%に一次相談窓口であるアシスタントスタッフやヘルプデスクが回答している。一次相談窓口から常駐業者や、センター職員へ解決策を問い合わせる割合はわずかに4%である。

  2. 統合認証システム

    全学的に利用される複数の情報システムを同一のIDとパスワードで利用するのが統合認証システムである.セキュリティ強化の側面から,パスワードの有効期限は変更後1年となっているため,利用者は年度内に1度はパスワードを変更する必要がある.

    (A)統合認証システムの窓口問合せ件数とパスワード変更件数の推移(2006/4〜2007/3)


    コメント 

    パスワードの変更件数が2006年4月,5月に集中しているのは初年度のパスワード期限切れの延長措置として5月末まで期限を延長したことによる駆け込み変更によるものである.また,同様に年度末に期限が迫るため,10月以降の変更件数が増加する傾向となった.

  3. アンチウィルスソフトのダウンロードサービス

    学内におけるPCのウィルス感染防止を進めるため,Windows用のウィルス対策ソフトを総合情報処理センターで一括購入し,必要な利用者(教職員)はダウンロードしてインストールを行うことができるサービス.

    合計ダウンロード数
    (A)個人用の月別インストール数(2006/4〜2007/3)

    コメント

    ウイルス対策ソフトウェアの登録台数は968件であった。学内には約5000台程度のコンピュータがあると推測されるので、もっと登録台数は上がるものと推測される。あわせて、ウイルス対策ソフトウェアのインストールの啓蒙活動も必要と思われる。

  4. MetaFrameシステム

    学内の多くの情報システムがWindowsのInternetExplore(IE)による利用を想定しているため,Windowsを持っていないユーザ等の利用のために,LANを介して情報センターで準備したサーバ上のWindowsをリモート利用してもらうサービスである.

    (A)MetaFrameの学部別の利用登録者数と利用者数(2006/4〜2007/3)


    コメント

    対象者が多く,利用の届出数が多い学部(人文,理学,工学,医学部)程,実際の利用者数は半分程度にとどまっており,MetaFrameシステムの当初の目的である非Windowsユーザに対する代替サービスとしての役割が十分に活用されていないことがわかる.

  5. FUポータル

    (A)FUポータル月別アクセス回数(2006/4〜2007/3)


    (B)FUポータル月別アクセス延べ人数(2006/4〜2007/3)


    コメント

    表(A),(B)とも学生のアクセス数はほぼ講義期間に重なっている.3月のみアクセス数が突出しているのは,Web履修など絶対的にアクセスが必要な要件があったためと思われる.アクセス回数については,教職員の約10倍の利用者数である学生の回数とほぼ日常的に利用している教職員のアクセス回数が3月を除いて同程度であるということからも,日常的な学生のFUポータルの利用が進んでいないことがわかる.

     
  6. 携帯電話による休講補講情報

    (A)携帯電話による休講補講情報への月別アクセス回数(2006/4〜2007/3)


    コメント

    アクセス回数が講義期間と重なっていることが特徴的である.先のFUポータルのアクセス数の4倍〜5倍のアクセス量となっている.

本ホームページついてのお問い合わせは、mail@ipc.fukuoka-u.ac.jp までどうぞ。