2003年度(平成15年度) 総合情報処理センター利用状況報告

情報ネットワーク関連 情報処理システム関連 情報処理教育システム関連


1.利用登録者数

2004/2/20時点でのセンター関連システムの利用登録者数を下表に示す。

所属 情報処理システム 電子メール
サービス
学生 職員 職員
人文学部 2,104 86 114
法学部 3,465 16 14
経済学部 3,810 33 43
商学部 3,646 37 45
商学部二部 997 - -
理学部 1,145 76 106
工学部 3,229 100 156
医学部・病院 634 204 493
薬学部 892 50 64
スポーツ科学部 1,261 38 54
大学院生 672 - -
その他  (注1)279 (注2)1 (注3)3
RIセンター - 0 2
アニマルセンター - 1 1
分子腫瘍学センター - - 1
資源循環・環境制御
システム研究所
- 2 5
ヒューマンディベロップ
メントセンタ
- - 3
環境保全センター - - 2
環境科学技術研究所 - - 1
看護学校 - - 1
学会 - - 31
利用登録者総数 22,134 646
(+87)
1,139
(+46)

注1:研究生、大学院研究生、大学院研究留学生、交換留学生、外国人留学生、外国人研究生、科目等履修生
注2:外国人研究員、研修員、研究推進部
注3:外国人研究員、研修員、総合研究所、研究推進部


2.情報ネットワーク関連

  1. 学内ネットワークへの端末接続状況
     
       
  2. 学外接続ネットワークの稼動状況

    グラフ(A)、(B)、(C)は月間平均のトラフィック量(1日平均)を示したものである。現在,学外接続回線(インターネット向け回線)は、SINET4.5Mbps+スーパーOCNイーサアクセス10Mbpsの計14.5Mbpsである。

    (A)SINET側接続(4.5Mbps:576k) 2003/2 -> 2004/3

    緑:学外→学内 青:学外←学内

    (B)スーパーOCNイーサアクセス側接続(10Mbps:1280k) 2003/12 -> 2004/3


    (C)全学外接続(A)+(B) (14.5Mbps:1856k) 2003/2 -> 2004/3

    緑:学外←学内 青:学外→学内
     
  3. 学内基幹ネットワークの稼動状況

    グラフ(あ)、(い)、(う)は学内の各セクションからの月間トラフィック量(1日平均)を示したものである。

    (あ)文系セクション 2003/2 -> 2004/3

    緑:文系セクション→その他 青:文系セクション←その他

    (い)理工系セクション 2003/2 -> 2004/3

    緑:理工系セクション→その他 青:理工系セクション←その他

    (う)医病系セクション 2003/2 -> 2004/3

    緑:医病系セクション→その他 青:医病系セクション←その他
     
  4. リモートアクセス回線の稼動状況

    ★回線の稼動状況
    グラフ(A)はPPP回線の月間平均アクセス量(1日平均)を、グラフ(B)は日中のアクセス量(5分平均)を示したものである。

    (A)PPP回線(最大46回線) 2003/2 -> 2004/3

    緑:回線接続数

    (B)日中の接続状況(5分平均) 最大46回線 2004/3/19 -> 2004/3/20

    緑:回線接続数


    3.情報処理システム関連

    1. 高速演算サーバの利用状況

      (あ)全般的な利用状況(2003/4-2004/3

       
      • CPU稼働時間 46,930時間(+14,910時間) (20CPUによる潜在稼動可能時間の27%)
        • バッチジョブによるCPU稼働時間 30,602時間(+11,577) (総稼働時間の65%)
        • 対話利用によるCPU稼動時間 16,328時間(+3,333)(総稼働時間の35%)
           

        下図は高速演算サーバのCPU稼動率の推移(2003/2-2004/3)を示すグラフである

        緑線:研究用ドメイン,青線:教育用ドメイン


         
      • ログインユーザ実数 182名 (対話利用+バッチ利用)(昨年226名)

          学部生 大学院生 教職員
        実利用者数(人) 69 20 93 182人
        昨年 111 26 73 226人

        下図は高速演算サーバのセッションアイドル状況(未操作)の推移を示すグラフである(2004/3/17->18)

        緑線:研究用ドメイン,青線:教育用ドメイン

        上記のグラフより,おおよそ利用者は9時前後〜18時頃までログインして演算サーバを利用していることが分かる.
         
      (い)バッチ処理の利用状況(2003/04-12

       
      • バッチジョブによるCPU稼働時間 30,602時間(+11,577)(総稼働時間の65%)
      • バッチジョブの利用ユーザ実数 97名(学部生 32名,大学院生 35名,教員 30名)
      • 各ジョブクラス別実行ジョブ数
         
        クラス別ジョブ実行数と利用者数(2003/4-2004/3)
        クラス名 実行ジョブ数
        A(Max600時間) 471(+139)
        B(Max12時間) 1,740(+340)
        C(Max3時間) 245(-25)
        A+B+C 2,688(+686)

        グラフ(A)は実行ジョブ数とジョブが使用したCPU時間との度数分布でる。また、グラフ(B)、(C)、(D)は各ジョブクラスA,B,Cにおける実行ジョブ数とジョブが使用したCPU時間との度数分布を示すものである。

        (A)ジョブ実行数とCPU利用時間の関係(ジョブクラスA,B,C混合)


        (B)クラスA(MaxCPU 600時間)



        (C)クラスB(MaxCPU 12時間)



        (D)クラスC(MaxCPU 3時間)

         
      • 各ジョブクラスの実行状況の推移

        下図はクラスA(MAXジョブ4)のジョブ実行状況の推移(2003/2-2004/3)を示すグラフである.

        緑線:実行ジョブ数,青線:実行待ちジョブ数

        下図はクラスB(MAXジョブ6)のジョブ実行状況の推移(2003/2-2004/3)を示すグラフである.

        緑線:実行ジョブ数,青線:実行待ちジョブ数

        下図はクラスB(MAXジョブ10)のジョブ実行状況の推移(2003/2-2004/3)を示すグラフである.

        緑線:実行ジョブ数,青線:実行待ちジョブ数

         
    2. ファイルシステムの利用状況

      ファイルサーバの統計機能の不具合により本年度は未記載.


    4.情報処理教育システム関連

    1. 情報処理教育システム概要

      • 実習室 11教室 PC数656台(うち、290台がWin&Linuxのマルチブート)
      • オープン端末室 8箇所 PC数85台(うち、70台がWin&Linuxのマルチブート、10台がMac)

       
    2. 情報処理教育システムの利用状況
       
      ★Windows系システムの利用者数(2003/4-2004/03)
       
      • 実利用者 19,031人(学部生 17,256人,大学院生 332人,教員 189人) 昨年18,173人



      下図は2003/4-2004/3月までのログイン数を教室別に区分したものである.

      A棟のPC実習室であるマルチメディアA,B,Cの3教室のログイン回数が全体の約1/3を占めており,6実習室ある文系センターのPC実習室の利用回数に匹敵する.この傾向からも,学生のPC利用におけるA棟偏重傾向が確認できる.

      下表は2003/4-2004/3のWindows系端末のログイン記録に基づき利用状況を学部別にまとめたものである。

        人文学部 法学部 経済学部 商学部 理学部 工学部 医学部 薬学部 スポーツ
      科学部
      商学部
      二部
      その他 全学
      学部生の実利用者数(人) 1,701 2,782 3,375 3,196 1034 2,864 556 765 983 586 17,842人
       登録者数に対する割合(%) 81% 80% 89% 88% 90% 89% 88% 86% 78% 59% - 84%
      (+6)
      大学院生の実利用者数(人) 67 18 25 21 60 81 0 35 23 - - 330人
       登録者数に対する割合(%) - - - - - - - - - - - 50%-
      教員の実利用者数(人) - - - - - - - - - - - 189人
       登録者数に対する割合(%) - - - - - - - - - - - 30%
      (+3)

      下表は2003/4-2004/3のWindows系端末のログイン記録に基づき,利用状況を学年別にまとめたものである.

        学部生 大学院生 教員
      総利用者数 18,422人 332人 189人
       1年次生(03) 4,324 169 -
       2年次生(02) 4,777 151 -
       3年次生(01) 4,584 11 -
       4年次生(00) 4,154 1 -
       5年次生以上 583 0 -


       
    3. 印刷枚数について

      総合情報処理センターでは印刷資源節約のため利用者一人あたり年間400枚の利用制限を設け運用を行っています.

      2003/4〜2004/3までの印刷枚数の集計を下表に示します.
      印刷枚数 人数 人数比 人数比累計 人数累計 印刷枚数累計 制限別
      0〜50 7,295 46.3% 46.3% 15,154名
      95.9%
      1,294,144枚
      (77%)
      1,294,144枚
      (77%)
      50〜100 3,068 19.5% 65.8%
      100〜150 1,810 11.5% 77.3%
      150〜200 1,142 7% 84.3%
      200〜250 746 5% 89.3%
      250〜300 481 3% 92.3%
      300〜350 351 2% 94.3%
      350〜400 261 1.6% 95.9%
      400〜1000 580 3.7% 99.6% 580名
      3.7%
      318,402枚
      (17%)
      412,496枚
      (23%)
      1000〜 53 0.3% 100% 53名
      0.3%
      94,094枚
      (6%)
      15,757人
      (14,714人)
      - - - 1,706,542枚
      500枚ペーパ
      約3,413個分

      (1,382,645枚
      (500枚ペーパ 約2,765個分))
      -

       
    4. 講義による情報処理関連施設の利用状況

      ★表(A)は平成15年度にセンター施設を利用して開講された情報処理関連科目数を学部別にまとめたものである。

      科目については、その内容により次の4カテゴリに分類しています。

      • 学部基礎: 学部生を対象とした情報処理基礎科目(基礎的情報学、パソコン入門、情報処理入門など)
      • 学部専門: 学部生を対象としたより高度な情報処理技術に関する科目(プログラミング、CAD、数値演算など)
      • 大学院基礎: 大学院生を対象とした情報処理基礎科目(基礎的情報学、パソコン入門、情報処理入門など)
      • 大学院専門: 大学院生を対象としたより高度な情報処理技術に関する科目(プログラミング、CAD、数値演算など)

      なお、科目数は半期科目を1としてカウントしています(通年科目は2としてカウント)。
      また、シラバス上では学部専門科目に含まれるものも講義内容により、情報基礎科目として取り扱っています。

      表(A)
        共通科目
      (注2)
      人文学部 法学部 経済学部 商学部 理学部 工学部 医学部 薬学部 スポーツ
      科学部
      商学部
      二部
      計(科目) (参考)
      H14年度計
      学部基礎 24 25 2 39 31 9 19 2 0 4 8 163 163
      学部専門 0 12 0 52 5 18 24 0 9 0 4 124 110
      大学院基礎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
      大学院専門 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2
      24 37 2 91 36 28 43 2 9 4 12 総計288
      (注1)
      275
      (参考)H14年度計 27 6 0 88 48 32 45 2 9 6 12 275
      注1:集中講義、ゼミ等の一時利用は含んでいません。
      注2:基礎的情報学

      ★表(B)は、平成15年度の実習室の講義利用状況をまとめたものである。

      表(B)
      実習室名 利用科目数 教室稼働率(昨年) 計(昨年)
      実習室A 37 37/50=74%(76%) 計288科目
      (計275科目)
      注3
      実習室B 38 38/50=76%(78%)
      実習室C 34 34/50=68%(78%)
      実習室D 22 22/50=44%(44%)
      実習室E 27 27/50=54%(48%)
      実習室F 27 27/50=54%(48%)
      マルチメディアA 32 32/74=43%(38%)
      マルチメディアB 32 32/50=64%(44%)
      マルチメディアC 14 14/74=19%(23%)
      マルチメディアD 13 13/50=26%(16%)
      1号館実習室 12 12/50=24%(28%)
      注3:エクステンションセンターの開講講座は含んでいません.


      開講科目数は、半期利用科目を1とカウントしている。
      教室稼働率は以下の開講可能科目数で利用科目数を割ったものである。
      昼間 5時限×5曜日×2(前・後期)=50科目
      二部 2時限×6曜日×2(前・後期)=24科目
      なお、マルチメディアA、Cのみは昼間と二部の利用があるため74科目となる。


       
    5. 情報処理関連実習室の稼動状況
      • A棟8F マルチメディア教室B
      • 文系センター3F 実習室B
      • 1号館情報実習室
      いずれも入り口から一番近い教室です。

      (あ)マルチメディア教室B 日平均 (最大64台) 2003/11/25-11/23

      緑:電源ONのPC台数

      (い)マルチメディア教室B 週平均 (最大64台) 2003年第43週(10/20)〜第47週(11/23)

      緑:電源ONのPC台数

      (う)実習室B 日平均 (最大91台) 2003/11/17-11/23

      緑:電源ONのPC台数

      (え)実習室B 週平均 (最大91台) 2003年第43週(10/20)〜第47週(11/23)

      緑:電源ONのPC台数

      (お)1号館情報実習室 日平均 (最大56台) 2003/11/17-11/23

      緑:電源ONのPC台数

      (か)1号館情報実習室 週平均 (最大56台) 2003年第43週(10/20)〜第47週(11/23)

      緑:電源ONのPC台数
       
    6. 各学部オープン端末室

      週平均稼動状況(2時間平均) 2003年第43週(10/20)〜第47週(11/23)

      文系ゼミ棟オープン端末室(最大20台)

      緑:電源ONのPC台数

      理学部オープン端末室(最大10台)

      緑:電源ONのPC台数

      薬学部オープン端末室(最大10台)

      緑:電源ONのPC台数

      工学部オープン端末室(最大10台)

      緑:電源ONのPC台数

      医学部オープン端末室(最大10台)

      緑:電源ONのPC台数

      スポーツ科学部オープン端末室(最大10台)

      緑:電源ONのPC台数

      ヘリオスプラザオープン端末(最大5台)

      緑:電源ONのPC台数
       

    :このページへのアクセス数 since 2004/06/24

    本ホームページついてのお問い合わせは、mail@ipc.fukuoka-u.ac.jp までどうぞ。