Column 情報の糧

このコラムは、当センター委員をはじめとする学内各方面の方々に、情報に関連するいろいろな話題を自由に書いていただいているものです。

2000年度2001年度2002年度2003年度2004年度2005年度2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度2017年度 2018年度2019年度2020年度2021年度

 

2020年度
 5月

「令和」時代のユニコードと OpenType フォント

我が国における昨年5月1日の改元と歩調を合わせるように,Unicode Consortium は2019年5月7日に「令和合字」(SQUARE ERA NAME REIWA)を含む Unicode version 12.1 を正式リリースしました(総数137,929文字)。「令和合字」はこのために・・・続きを見る>>

人文学部 永田善久
 7月 2進数
我々が日常使っている数は、0から9の10個の数値を用いた表現方法で、桁が一つ増えると、数が10倍になるようになっています。・・・続きを見る>>
理学部 宮原 慎
 9月 遠隔操作とテレロボティクス

コロナ禍の今、遠隔授業、テレワークなど、遠隔〇〇、テレ〇〇という言葉をよく見聞きしますが、ここでは、ロボット分野における遠隔〇〇、テレ〇〇について簡単にまとめてみたいと思います。

遠隔操作ロボットの歴史はかなり古く・・・続きを見る>>

 工学部   岩村誠人
11月  コロナ禍とスポーツ産業

 新型コロナウィルスの感染拡大は、飲食産業をはじめとする様々な産業に大きな影響を及ぼしたが、それはスポーツ産業においても例外ではない。東京マラソンを皮切りに、様々なスポーツイベントが中止、あるいは延期を余儀なくされた。・・・続きを見る>>

スポーツ科学部 霜島 広樹 

 3月  判例情報のオープンデータ化

法学における主要な研究手法の一つに、裁判所が下した判決(判例)を分析する判例研究というものがあります。実際の事件には様々な事実関係がある中で、裁判所がどのような事情を重要視したのかを探究したり、既存の法律の曖昧な部分を裁判所がどのように解釈したのか、・・・続きを見る>>

法学部  谷川 和幸