「最低限これくらいはできるように/わかるようになっとけ!リスト」

商学部

太宰 潮

 

何事も、基礎が大事である。基礎の上に応用があって、様々な能力が開花する。そこで今回は、学生さんたち、特に入学したての1年生さんたちに「“最低限” 身に付けてほしいことリスト」を挙げてみる。実際にゼミや講義で教えることもある。「オイオイ、最近のワケーノはこんなこともできないのか?!」「福岡大の学生は大丈夫か?!」とガッカリビックリする人もいれば、「自分もできないかも、わからないかも」という人もいるのではないかと思うが、そこをあえてリストしてみる。なんとなくの優先度とともに列挙をすると:

 

・ブラインドタッチ

 クリアすべき基準:mikatype ローマ字単語入力150文字/分

 

・ディレクトリ構造の把握

 例:エクスプローラ上のファイルパスの操作等。htmlの把握にもつながるため有用。

 

・基本的なショートカットキー

 例:Alt+Tab, Ctrl+C, X, V, Z, S, A, Windows+D,

 ※ソフトのメニュー選択時には、ショートカット用のアルファベットが振られていることが多い点も併せて。

 

・Excel

 例:sum, if, countif等の基本関数(※vlookupは2年次以上で?)、ピボットテーブル、ctrlやshiftなどを使った基本操作、円グラフ、棒グラフ等の描画

 

・PrintScreen, Snipping Tool

 

・クラウド上のファイル共有、同時編集などの経験

 

と、言ったところだろうか。他にも重要なことは多いであろうとは思うが、挙げだすと&考え出すと止まらないので。…と言いつつ更にいくつか挙げてみると、例えばCtrl+マウスホイールでのズームイン、ズームアウトとか、最近の若者は知らない人も多いCtrl+Alt+Del(からのタスクマネージャでのプロセスkill)とか、Excelでの行列の表示固定とか、F5更新とか、パワポでF5スライドショー開始とか、Ctrl+B, U, I, F, Hとか… こうした基礎操作をはじめのうちに身に付けると、後の人生で、それなりの時間の節約になる。「これわからない」という人は、ぜひ今のうちに基礎を身に付けてほしい。ホントに役立つから。