Column 情報の糧

このコラムは、当センター委員をはじめとする学内各方面の方々に、情報に関連するいろいろな話題を自由に書いていただいているものです。

2000年度2001年度2002年度2003年度2004年度2005年度2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度2017年度

 

2016年度
3月 福岡大学病院における電子カルテシステムの更新
 近年、医療技術の進歩によって、医療現場で処理しなければならない情報量が飛躍的に増加している。一方、医療安全についての社会的関心が高まり、医療事故の発生予防と再発防止の取り組みは・・・続きを見る>>
医学部 柴田 志保
1月 「経営のための情報分析はAIの不得意分野?」
 私の専門領域である管理会計から情報について、そしてAIとの関係について考えたいと思う。企業を経営するには、様々な情報を用いて意思決定をしたり、従業員に・・・続きを見る>>
商学部 篠原 巨司馬
12月 コンピュータ歴史博物館での思い出
 数年前、シリコンバレーにあるコンピュータ歴史博物館(参考リンク)に立ち寄る機会があったので、その際の思い出を2つ紹介する。ご存知のようにサンフランシスコ近郊にあるシリコンバレーは、Appleなどを始めとする・・・続きを見る>>
総合情報処理センター 奥村 勝
11月 情強とは?「地域イノベーションプログラム」の試み
 大学生にとっての「情報リテラシ」はスマホになって久しい。地域政策に情報を使って成長を促す方法を問う講義をやっているが、彼らの素朴な回答は、老人に・・・続きを見る>>
経済学部 五十嵐 寧史
10月 製図は手書き?
 機械技術者にとって、図面を描く製図の能力は欠かすことができない。図面は共同で設計する人や実際に製作する人と情報伝達を行う最も有効な手段である。・・・続きを見る>>
工学部 森山 茂章
9月 気象現場からみる巨大データ
 昨年7月から運用を開始したひまわり8号の映像をごらんになった方も多いことだろう。・・・続きを見る>>
理学部 西 憲敬
7月 人工知能は人間を支配できるか?
 人工知能に関する話題で最近大きなニュースになったのは、このコラムの5月分担当の松永先生も触れてらっしゃったAlphaGoの話であろう。・・・続きを見る>>
人文学部 古賀 恵介
6月 IT技術を道具として
 自分の研究分野(政治学)で、IT技術を直接利用するのはどんなときだろうか。たしかに、政治学会でも「変数」や「統計処理」などの言葉が飛び交う分科会がある。しかし、間違ってそんな分科会に出てしまったら最後・・・続きを見る>>
法学部 東原 正明
5月 AlphaGoの衝撃とシンギュラリティ
 世界でもトップ5に入る棋士、韓国のイ・セドル九段とGoogle DeepMind社が開発した「AlphaGo」という囲碁のプログラムが対決するという・・・続きを見る>>
薬学部 松永 和久
4月 コミュニケーションにおける冗長率と非言語的行動の意味
 ICT (Information and Communication Technology)という言葉は、既に耳慣れたものになってきている。この言葉では「情報技術」のみならず双方向の「コミュニケーション」という要素を強調する。・・・続きを見る>>
スポーツ科学部 山口 幸生