Column 情報の糧

 このコラムは、当センター委員をはじめとする学内各方面の方々に、情報に関連するいろいろな話題を自由に書いていただいているものです。

2000年度2001年度2002年度2003年度2004年度2005年度2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度2017年度

2012年度
3月 糸脈
 その昔、身分が低かった医者は高貴な患者に触れることが許されず、患者の手首に巻いた糸を伝わる脈を頼りに診療を行ったという。曰く、糸脈。翻って、昨今、・・・続きを見る>>
医学部 廣瀬 伸一
1月 君はイケメンで体育会系なシステム・エンジニアが想像できるか?!
 12月に入り、一気に大学は「シューカツ」モードとなっている。茶髪だった学生たちが「黒髪もイケてない?」と思うのも、この時期の風物詩である。以前こちらのコラムでは、・・・続きを見る>>
商学部 太宰 潮
12月 SIMフリー携帯電話
 みなさんはSIMフリー携帯電話というものをご存じだろうか。携帯電話の中には、電話番号や識別番号などが記憶されたSIM(Subscriber Identity Module Card)カードというICカードが・・・続きを見る>>
情報基盤センター 藤村 丞
11月 情報Information雑感
 本年7月、本学の新中央図書館が遂に開館しました。立派で大変に素晴らしい図書館が開館したことを本学の一員として誇らしくとても嬉しく思っています。・・・続きを見る>>
経済学部 鍵原 理人
10月 情報技術と「知の爆発」、そして大卒後の教育について
 社会が発展するにはさまざまな技術が必要であり、技術の変化も社会の変革を促進した。いろいろな技術に注目することは当然だが、それと同時に、・・・続きを見る>>
工学部 趙 翔
9月 未体験ゾーン突入時代の大学
 「情報」という言葉が「物事についての知らせ・知識」という意味でしか使われていなかった昔から、さらにいうならコンピュータの原理・仕組みはもちろんのこと・・・続きを見る>>
理学部 白石 修二
7月 「情」の話
 このコラムのタイトルにもなっている「情報」という言葉、この言葉は「情」と「報」という二つの漢字の組み合わせで出来ているが、この事実は、・・・続きを見る>>
人文学部 古賀 恵介
6月 「匿名性」
 情報通信技術の発展は、これまでの現実社会とは異なったネットワーク上の空間・社会に私たちを導くこととなっています。コンピュータの向こう側にあるネットワークは、・・・続きを見る>>
法学部 道山 治延
5月 画面解像度と実サイズ
 iPad3と噂されていた新しいiPadがそのままNew iPadとして発売されました。iPad2からCPUやメモリの量、カメラの画素数など様々な点で・・・続きを見る>>
薬学部 松永 和久
4月 スポーツの現場にみる情報
 現在、ロンドンオリンピック代表選考会に向けての強化合宿の引率(最終調整)をしながら、ホテルの無線LANを活用してこのコラムを書いています。・・・続きを見る>>
スポーツ科学部 田場 昭一郎