Column 情報の糧

このコラムは、当センター委員をはじめとする学内各方面の方々に、情報に関連するいろいろな話題を自由に書いていただいているものです。

2000年度2001年度2002年度2003年度2004年度2005年度2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度2017年度

2007年度
3月 端末室
 私が大学院生だった昭和50年代は、比較的規模の大きい大学には大型計算機が1台あり、それをみんなが利用するというシステムだった。・・・続きを見る>>
スポーツ科学部 青柳 領
1月 文章の空気は読みにくい
 今の学生は、Eメール(携帯およびパソコン)のおかげで、私の学生時代よりも格段に文章を書く機会が多い。文章を書く機会が多いので、当然、文章がうまいはずなのだが、・・・続きを見る>>
商学部 渡辺 剛
12月 常識の変貌
 先日、NHK報道スペシャル「ファンドマネーが食を操る」をテレビでたまたま観た。アメリカ穀倉地帯に石油の代替燃料として注目されるバイオ・エタノールの工場が・・・続きを見る>>
医学部 立花 克郎
11月 「道具」を学ぶ
 経済学的に言えば、大学生活は、将来の生産性を伸ばすための投資活動である。高校を卒業して働く人に比べ、学費はかかるし、収入は高々アルバイト代程度だから、4年間の収支の差は大きい。・・・続きを見る>>
経済学部 赤羽根 靖雅
10月 試行錯誤のノウハウ
 「2050年までに人間のサッカー世界チャンピオンチームに勝つヒューマノイドロボットサッカーチームを作ろう!」を合言葉に、世界中からロボット研究者が参加して・・・続きを見る>>
工学部 松岡 毅
9月 情報の信頼性
 インターネット、電子メール、電子辞書、電子本など情報を得る手段の進展は目を見張るばかりである。その昔、科学英語を使いこなすためには厚さが10cm程もある英和辞典を使うように指導教授から勧められたが、・・・続きを見る>>
理学部 山口 敏男
7月 推薦入学合格者への課題
 私は、昨年度のコラムで、人文学部では、推薦入学合格者に対してネットを通じて課題を出し、それに解答させるという形で入学決定後の指導を行なっていることを書いた。そこで、・・・続きを見る>>
人文学部 古賀 恵介
6月 誤解
 20年ほど前の話です。当時、学内で英会話の学習が流行していました。猫も杓子も・・・というわけで、私も工学部の先生方の英会話グループに参加させてもらいました。・・・続きを見る>>
総合情報処理センター 研究開発室 西原 壱彦
5月 電子マネー
 法学部の教員である私が語るべきものか疑問も感じないわけではないが、今回は法律家から見た「電子マネー」を取りあげようと思う。・・・続きを見る>>
法学部 道山 治延
4月 判断の基準
「雨が降りそうですね」  鈍い色に薄く染まり始めた空を見て大学院生がつぶやく。  油山の頂きに霧状の雲がかかっている。・・・続きを見る>>
薬学部 湯川 美穂