Column 情報の糧

このコラムは、当センター委員をはじめとする学内各方面の方々に、情報に関連するいろいろな話題を自由に書いていただいているものです。

2000年度2001年度2002年度2003年度2004年度2005年度2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度2017年度

2005年度
3月 「死語」・・・パンチカードの巻
「死語」という言葉がある。昔はよく使われたが今はほとんど使わない言葉を意味する。 「情報処理」関係のことでは、この「死語」が多い。進歩が早いからだろう。・・続きを見る>>
スポーツ科学部教授 青柳 領
12月 インターネット利用者の不安
インターネットの利用者が急激に増えてきた。私の近隣の老人もパソコン教室に通ってその利用法を習ったらしい。利用目的は家族とのメールのやり取りが主という。ある知人は銀行口座の確認をWEBで行なっているという。私も書籍等の通販などに時々WEB購入を行なっている。このようにインターネットは利用者の要望に非常に便利に対応してくれている。・・続きを見る>>
医学部助手 吉永 一彦
11月 博物館、福岡、大学 ~ 情報が集積、交流、そして、生まれる場所
九州国立博物館が太宰府天満宮の傍に、去る10月16日開館した。東京、奈良、京都に次いでわが国四番目の国立博物館であり、京都国立博物館の開館が1897年とのことであるから、・・続きを見る>>
経済学部講師 鍵原 理人
10月 「あたりまえ」の裏側
 私は、昨年8月から1年間、在外研究員としてカナダのトロントに滞在しました。カナダは大好きです。なぜなら自然の雄大さ、豊かさもさることながら人々の温かさに大いに触れることができる・・続きを見る>>
工学部電気工学科助教授 小浜 輝彦
9月 最近耳にする2つの言葉 ~ 個人情報保護法とブログについて ~
 最近よく耳にする2つの言葉、<<個人情報保護法>>、<<ブログ>> がある。 ・・続きを見る>>
理学部応用数学科教授 白石 修二
7月 知らないうちに持っている他人の「個人情報」
 個人情報の流出というと、自分が被害にあうことだけを考えている人が多いのですが、自分が流出させる側になってしまう可能性もあります。・・続きを見る>>
人文学部教授 田村 隆一
6月 メディア・リテラシー
 「メディア」とは媒体・手段を意味します。そして、メディアといえば、新聞や出版、テレビに代表される放送、更には、映画のような大量伝達手段としてのマス・メディアをさして用いることが多いのではないでしょうか。そんなメディアに対して・・続きを見る>>
法学部助教授 道山 治延
5月 Solarisのススメその2
 2003年6月の「Column情報の糧」でお話しさせて頂きました「Solarisのススメ」(1)ですが、今回は「Solarisのススメその2」ということでお話しさせて頂きたいと思います。・・続きを見る>>
総合情報処理センター 研究開発室 藤村  丞
4月 理想の外部記憶脳を求めて
 パソコンのメモリに使われるDRAMは定期的にリフレッシュして記憶を保持させる必要があるが、リフレッシュ作業はシステム全体の速度低下要因となるし、リフレッシュを怠ると記憶は失われてしまう。人間でもそれは同じで・・続きを見る>>
薬学部助手 松永 和久