Column 情報の糧

このコラムは、当センター委員をはじめとする学内各方面の方々に、情報に関連するいろいろな話題を自由に書いていただいているものです。

2000年度2001年度2002年度2003年度2004年度2005年度2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度2017年度

2004年度
3月 オリンピック放送権のレガシーとこれから
 昨年の夏、アテネオリンピックで陸上競技の解説をしてきた。前回までは報道される側であったので、さして気にはならなかったが、今回は報道する側という立場に立ってIBC(International Broadcasting Center)の大きさに驚愕した。・・続きを見る>>
スポーツ科学部講師 山崎 一彦
1月 中国企業「聯想」のIBMパソコン部門買収に思う
 卑近な話から入るが、私は昨年9月ノート型パソコンを買い換えた。私はブランド志向が強く、スポーツ用品はadidasでなければならない。散歩のときは、帽子から靴、靴下に至るまでこのブランドで固める。そんな私としては、パソコンはIBMでなければならない。・・続きを見る>>
商学部教授 木幡 伸二
12月 「ハイテク」もいずれ「ローテク」になるという話
 最近のインターネット社会の変貌には、全く目を見張るものがありますが、何か一文を書けということですので「ハイテク」に疎い輩としましては、今回「ローテク」に的を絞ることにしました。・・続きを見る>>
医学部薬理学教室教授  桂木猛
11月 InformationからIntelligenceへ
 「情報」をテーマとして卒論に取り組んでいきたいという学生がいる。インターネットの世界で膨大な情報が簡単に手に入る現在、その功罪を考えてみたいと言う。様々な情報を簡単に入手できると言うメリット、その中で虚偽情報が氾濫しているというデメリット。・・続きを見る>>
経済学部講師 鍵原 理人
10月 脆弱性とパッチ
 昨年12月から工学部総合情報処理センター委員を務めております。次年度のシステムリプレイスに向け、現在センターではシステム構成やネットワークについて検討が行われています。・・続きを見る>>
工学部教授 根葉 保彦
9月 機械文明の進歩が行き着く先は....
 私は身体のあちこちが悪くてよく福大病院へ行くのだが、病院の中で携帯電話を使って話している人を見かけることが多い。病院内では、心臓のペースメーカーなどの機器を付けている人が近くにいる可能性があるので・・続きを見る>>
理学部教授 柴田 勝征
7月 ここはどこ? あなたはだれ?
 今自分はどこにいるかわかりますか?自分の目の前にいる人はだれでしょうか。老人性痴呆や精神病、脳卒中による脳の障害などによって、自分がどこにいるのかわからなくなることがあります。・・続きを見る>>
人文学部教授 田村 隆一
6月 トロイ:今も昔も…
 先日、話題?の映画「トロイ」を見る機会がありました。改めて説明するまでもない、あの木馬で有名なトロイ戦争を題材にした歴史スペクタクル&恋愛もの、とでもいうようなジャンルに分類される映画でした。・・続きを見る>>
総合情報処理センター研究開発室 奥村 勝
5月 インターネットをめぐる法律
 昨年12月より、法学部総合情報センター委員を務めている道山です。 最近、テレビ・ラジオ或いは新聞でも、コンピュータやインターネットをめぐる法律について目にすることが多くなってきたように思います。・・続きを見る>>
法学部助教授 道山 治延
4月 初心者の思い
 昨年の12月から総合情報処理センター委員をやっております。センターのことを全く知らなかった私が務まるのかと現在でも不安です。センターの方々に色々ご指導いただきながら(ご迷惑をおかけしながら)何とかやっている次第です。そんな・・続きを見る>>
薬学部助教授 藤岡 稔大