Column 情報の糧

このコラムは、当センター委員をはじめとする学内各方面の方々に、情報に関連するいろいろな話題を自由に書いていただいているものです。

2000年度2001年度2002年度2003年度2004年度2005年度2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度2017年度


2001年度
3月 日本スポーツ再興の切り札、国立スポーツ科学センター
現代スポーツは、社会や科学の発展とともに、飛躍的な発展を遂げ、国家や民族、宗教を越えた人類共通の文化として大きな役割を占めるようになりました。このコラムが読まれるころには、ソルトレークシティでの冬季オリンピックも終了していることと思いますが・・続きを見る>>
スポーツ科学部助教授 米沢 利広
1月 失われるメディアのリンク
 つい最近、同僚から5インチ・フロッピーディスク(1.2MB)に記録されたデータを3.5インチ・フロッピーディスクに移し換えることはできないかという相談を受けた。「多分できますよ」と安請け合いしたものの、受話器を置いた後、心許ない気分になった。・・続きを見る>>
商学部教授 永星 浩一
12月 形や方法から入るか、内容から入るか
 何か事を成すときに、形・方法・目的などは、それぞれ重要である。その三つのどこから始めたらいいだろうか。唯一の正解などないことであり、どこから始めてもいいのであろう。しかし、実際は悩む場合が多い。・・続きを見る>>
医学部教授 守山 正樹
11月 防火壁稼動一周年
 この10月に福岡大学全学ネットワークの防火壁が稼働して一年が過ぎた。考えてみればインターネットのこの1年はなかなか事件が多かった。計算機ウイルスやらワームやらが頻繁に出現した。特に2001年に入ってからは毎週のように出現した感じがする。・・続きをみる>>
経済学部助教授 五十嵐 寧史
10月 ノートパソコン購入奨励
 現在、総合情報処理センターでは平成14年度からの入学生を対象に一部の学部・学科で始まるノートパソコンの購入奨励に向けて、安くて使いやすい福岡大学推奨パソコンを提供するために、ノートパソコンのハードウェア仕様やソフトウェア構成などの検討を進めています。・・続きを見る>>
工学部教授 吉村 賢治
7月 コンピュータによる自習システムの可能性
 近年、大学生の学力の低下が問題になっている。実際はどうなっているのか、詳しいデータを持っているわけではないが、授業についていけず勉学を放棄する学生もいる。昔もそういう学生がいなかったわけではなく、近年特に増えているかどうかはわからない。・・続きを見る>>
理学部教授 福嶋 義博
6月 芸術と技術のリンク — TeX ワールドへのお誘い
  本コラムは、スタンフォード大学の数学者クヌースによって創造された高機能組版ソフト TeX に魅了された筆者が、TeX
にまつわる一つのエピソードをご紹介することで、このコラムを読んでくださる芸術好きの皆さんを・・続きを見る>>
人文学助教授 永田 善久
5月 ロボカップ ジャパンオープン2001観戦記
1.ロボカップとは「西暦2050年までに、完全自律型ヒューマノイド(人型)ロボットのチームが、人間のサッカー世界チャンピオンに勝つ」(注1)こんな夢のようなことがはたして実現可能でしょうか?・・続きを見る>>
総合情報処理センター研究開発室 奥村 勝
4月 わたし達こそ究極の情報機器 
3月13日私の研究室、Tさんの突然の来訪を受けた。このコラム欄を埋めてくださいとの事、もちろん、代打指名である。私の生来の欠点(弱点)は、何事も安請け合いしてしまうことである。これまでは何とかなってきたが、・・続きを見る>>
薬学部助教授  添田 秦司