Column 情報の糧

このコラムは、当センター委員をはじめとする学内各方面の方々に、情報に関連するいろいろな話題を自由に書いていただいているものです。

2000年度2001年度2002年度2003年度2004年度2005年度2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度2017年度


2000年度
3月 スポーツも情報戦
21世紀を迎え、情報技術(IT)の進歩は、目覚ましいものがあります。スポーツにおいてもIT革命は、大きな変化をもたらしています。私が指導しているバレーボールを例に話をさせてもらいます。・・続きを見る>>
スポーツ科学部助教授 米沢 利広
1月 ネットワークの向こう側
突然のメール 新たな世紀が始まりました。20世紀の最後の10数年ほどの間に、情報通信技術は信じられない程の勢いで進化を遂げました。・・続きを見る>>
情報処理センター長 今野 孝
12月 情報システムの導入失敗を回避するための、ある情報の定義
今日、情報システムへの投資から利益を得ることは、以前と比較して困難です。というのも以前であれば、事務処理などのコンピュータ化によって人手を削減することで簡単に利益を得ることができました。・・続きを見る>>
商学部講師 弘津 真澄
11月 韓国との出会いとコンピュータ
  コンピュータは生活の中に様々な形で入り込んでいる。だから新しい人や状況との出会いは、コンピュータとの新たな出会いも意味する。韓国、大丘市にある啓明大学医学部のLee先生との出会いからも、・・続きを見る>>
医学部教授 守山 正樹
10月 インターネット定番ソフトの崩壊
平成12年9月30日から福岡大学のネットワークでも、 防火壁(ファイアウォール) の運用が開始されます。 防火壁とは、街の周りを囲った高い塀のようなもので、
街の出入りは門番が監視している一つの門だけを通って行うことができます。 ・・続きを見る>>
経済学部助教授 五十嵐寧史
9月 学内ホストのセキュリティ
平成12年9月30日から福岡大学のネットワークでも、 防火壁(ファイアウォール) の運用が開始されます。 防火壁とは、街の周りを囲った高い塀のようなもので、
街の出入りは門番が監視している一つの門だけを通って行うことができます。 ・・続きを見る>>
工学部教授 吉村 賢治
7月 新システムの可能性を使い切るために
少子化による大学全入時代を迎え入学者の基礎学力の低下が懸念されている。これは徐々にと言うよりも急激に進行する現象であり、事態に気づいた時には既に手遅れとなっていることが危惧される。・・続きを見る>>
法学部教授 岩倉 正博
6月 機械翻訳システムの授業・10年の経験
 1.機械翻訳システムの授業 私は4年前に福岡大学に転勤して来るまで21年間、埼玉大学の教養部に勤務して数学を担当していました。一般教育の「数学」の授業では、情報処理センターのパソコン実習室を利用してさまざまな授業を試みましたが・・続きを見る>>
理学部教授 柴田 勝征
5月 インターネットで電力を買う
 いま米国でひとつの新しい動きが始まっています。「インターネットで電力を買う」というのです。と言っても照明器具や電気製品のことではありません。電力そのものを買うのです。 さて、この「電力を買う」とは、どういうことでしょうか・・続きを見る>>
人文学部教授 山田 英二
4月 あなたのパソコンでもできる宇宙人探し
1.SETIとは この数年,PC(PersonalComputer)の低価格化が進み,個人でPCを購入し自宅でインターネット等を活用している学生さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか?・・続きを見る>>
情報基盤センター 研究開発室長 奥村 勝